なんでもありあり

アクセスカウンタ

zoom RSS rpcbindって厄介だな

<<   作成日時 : 2005/09/18 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いえね、FreeBSD 5.4Rでの話なのですが…。

dovecotでimap, pop3, imaps, pop3sをlistenさせていたのですが、ある日(たぶん4.11Rから5.4Rに移行した日)から、imapsもpop3sも使われているのでダメよ、と言われて起動できなくなった。でも他にpop3sやimapsをlistenするようなdaemonは走らせていない。しかも、起動するたび(という感じでもない微妙な状況でしたが)、imapsはふさがっているがpop3sは空いているみたいな状況になったりなら無かったりと不確定な状況で、頭を抱えていました。

で、ふとrpcinfoでrpcのbind状況を調べてみると、一発で判明。

犯人は、mountdとamdでした。/etc/servicesに記述がある番号でもrpcbindは割り当ててしまうのでしょうか。お行儀悪くないかな、それ?

ま、文句言っててもしょうがないので、mountdは-pオプションでポート固定にして即解決。でも、amdには、そういうポート固定のオプションが見当たりません。

悩んだ挙句に選択したのは…。amdを使わないこと(自爆)。

いや、実際のところは若干不便なんだけどしょうがない。無くても死なないし。

もちろん、起動順序を変えればいいだけの話なのですが、起動スクリプト類を改造するのも、OSバージョンアップのたびに手直しするのが面倒だし。/rc.d/amd を /usr/local/etc/rc.d/へコピーして、少しいじればいいかな、とかも思うのですが…。

というわけで、
rpcbindでサーバごとに割り当てるポートを固定にする方法、
もしくは、amdで利用ポートを固定にする方法をご存知の方いませんかー?

つーか、「/etc/servicesに記述がある番号でもrpcbindは割り当ててしまう」という挙動は正しいのかしらん? それともバグってるだけ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
rpcbindって厄介だな なんでもありあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる