なんでもありあり

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコイチBOX CTW35U2

<<   作成日時 : 2005/09/17 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前、「ヨンコイチ 挑戦者 SOTO-HDZUE 」という記事で、HDD4つを結合して使えるHDDケース(ヨンコイチ)についてコメントしました。

今度は、メーカーは違うのに似たような名前「ニコイチ」を買ってみたのでコメントしてみます。

【century】ニコイチBOX 3.5HDDが2個入る!USB2.0接続ケースWIN&MAC century ニコイチBOX CTW35U2

非常にコンパクトでシンプルなルックスのケースにHDDが2個入ります。ただし、連結機能は無く、単に2台にHDDとしてしか使えません。そこがヨンコイチやドライブドアとの違いです。で、こいつに、

M6L250R0(BLK/Rohs) - バルクMAXTOR 6L250R0

を2台組み込んで使ってみました。このHDDは現在のところ、最もコストパフォーマンス(バイト単価および性能のバランス等)の高いHDDの1つでしょう。

さすがに内部は狭いですが、組立が特に困難というわけではありません。フロントはメッシュでリアに小さなファンがついており、空調もそれなりです。念のため、2つのHDDの間に温度センサを貼り付けて温度を計測していますが、28〜30度程度の室内で、とりあえず40度程度の温度ですんでいます。USB接続ですので、HDDに高い負荷がかかるほどの転送がかかるわけでもないのでしょうか、思ったよりは温度は上がらないようです。50度超えるようだとやばいかなと思っていましたが、これなら少なくとも来年の夏までは安心かな。

ちなみに、繋いでいる先のPCは何かというと、Logitec LHD-NAS250という、本来はNASである製品です。こいつのHDDが壊れたので箱を開けてみたところ、あーら、びっくり、OSにはFreeBSDベースのNAS OSが入っていますが、中身はVIA EDENを使った普通のPC(マザーボードはEPIA-5000)でした。こういうの見ると小型PC好きの血が騒ぎます。早速、HDDを交換してFedora Core 4を入れ、さらに、PCIスロットまであったので格安のUSB2.0 IFを挿し、このニコイチの中の2台のHDDをソフトRAID1(ミラーリング)で使っています。これで拡張性と信頼性を確保した立派なミニファイルサーバのできあがり。

玄人志向 USB2.0V5-PCI玄人志向 USB2.0V5-PCI

なお、hdparm -ftでテストしたところ、IDE接続のHDDで30MB/s程度、USB接続のHDDで25MB/s程度の転送速度でした。大容量ファイルをバリバリ転送しない限りは、まぁこんなもんで十分でしょう。

機会があれば、このミニサーバ構築について詳しい記事を書くかも〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコイチBOX CTW35U2 なんでもありあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる